1. ホーム
  2. MR認定制度について
  3. MR認定証の更新
  4. 出題方法と合格基準

出題方法と合格基準

出題方法

補完教育は、科目ごとにテスト問題を出題しています。
科目ごとに複数のユニットがあり、ユニットの中にドリルとテストがあります。テストはドリルの中から出題されます。
MRテキストを参考にドリルで学習し、テストに取り組んでください。

例:補完年数1年 医薬品情報

テストの実施時間と回数

各テストの解答時間は、最大30分です。
テストを1回実施するごとに合否判定を行います。
各テストは最大3回まで実施できます。3回のうちに合格できなかった場合、不合格となります。
テスト実施中に「中断」はできません。途中で「中断」すると実施1回分としてカウントされます。テストからドリル画面に戻ったり、他の画面を表示しても「中断」となります。
テスト実施中にブラウザの「戻るボタン」や閉じる「×」を押すと、「棄権」となり、実施1回分とカウントされます。

合格基準(修了認定)について

テストごとの合格基準は80%以上の正答です。テストごとの合否は受講画面から確認でます。
全科目の全てのテストに合格することにより、補完教育の修了認定となり、MR認定証の更新に必要な所定の教育研修は修了したことになります。
補完教育の修了認定を受けられなかった方は、MR認定証の更新はできません。