1. ホーム
  2. MR認定センターとは
  3. MRとは

MRとは

MR とはどんな仕事をする人?

MR(Medical Representatives)は、製薬企業の営業部門に所属しています。最近では、人材派遣会社から派遣されて製薬企業で働いている人もいます。

MR認定制度の基準である「MR認定要綱」では、MRとは、企業を代表して医薬品の適正使用ならびに薬物療法の向上に貢献するために、医療関係者と面談等によって、医薬品の品質・有効性・安全性等に関する情報の提供・収集・伝達を主な業務として行う者と定義し、MRは患者志向に立ち医薬品の適正使用に必要な情報活動を行う専門家として位置づけられています。

情報の提供・収集・伝達 訪問(面談)医療情報の提供・伝達 医療品の適正使用 有効性・安全性情報 有効性、安全性情報の収集

医薬品の恩恵

医薬品は人々の健康と生命の維持に大きな役割を果たし、医療全体の質的向上に貢献してきました。不治の病とされてきた疾病や長期入院が必要とされてきた疾病・苦痛を伴う疾病や手術でしか治せなかった疾病などが薬物療法によって克服されてきたように、医薬品はこれまでの治療法を大きく変え、医療の進歩に寄与してきました。

MR の社会的使命

医薬品は国民から期待され医療に多大な貢献をしていますが、使い方を誤ると患者さんの生命を奪ってしまう恐れがあります。また、適正に使用していても副作用を回避できないこともあります。

医薬品がより有効に、より安全に使用されるためには、医療関係者に医薬品情報を正しく、迅速に伝えなければなりません。

また、医薬品情報を充実させるためには、未知の副作用や重篤な副作用がなかったかなど、常に情報収集に努めなければなりません。

MRの社会的使命は、医薬品情報の提供・収集・伝達を通じて医薬品の適正使用を実現し、医療に貢献することです。

革新的な新薬も経済性・使用性に優れた後発医薬品もそれが最も適する患者さんに正しく使われなければ患者さんは恩恵を受けられません。自社で販売する医薬品をそれが最も適する患者さんに正しく使用されるよう活動することは、MRの重要な社会的使命です。MRは、法律上で認められている職業です。

医薬情報担当者とは、医薬品の適正な使用に資するために、医療関係者を訪問すること等により安全管理情報を収集し、提供することを主な業務として行う者をいう。

「医薬品等の製造販売後安全管理の基準に関する省令」
(厚生労働省令第135号)より