更新申請方法(登録企業在籍者)特例措置

登録企業在籍者の認定証更新の特例措置

1.対象者

認定証の有効期限を過ぎた失効した方のうち、有効期限が経過して4年以内の方は、認定証の更新申請が可能です。
ただし、更新後の有効期限は、更新前の有効期限から5年です。

2021年度に特例措置の対象となる有効期限

2018年1月末日~2021年1月末日

2.更新要件

MR認定証の更新要件は、MR認定証の有効期限の前年度から過去5年間の履修履歴において、導入教育または継続教育の修了認定を受けていることです。

2021年1月末日が有効期限の方の場合

必要な履修履歴の期間

2015年度~2019年度

注意:補完教育は2020年度まで実施されていた未履修年度を補うためのプログラムです。現在は、MR認定制度が改定されたため、このプログラムは提供されていません。

所定の期間に更新時確認ドリルを終了することで、更新の手続きが可能になります。
所定の期間とは、 当年度の8月1日~1月31日(6ヵ月間)です。(ただし、開始日が土日祝日の場合は、次の平日から開始になります)

2021年度の場合

更新時確認ドリルを実施できる期間

2021年8月2日(月)~2022年1月31日(月)

3.更新に必要なドリルの種類と更新後の認定証の種類

更新に必要なドリルの種類と更新後の認定証の種類

MR基礎教育限定認定証は、その発行後、MR復帰プログラムの修了認定を受け、申請することでMR認定証に切り替えることが可能です。

4.更新の手順

1

教育履歴を確認する

MR学習ポータルにログイン、「マイページ」で確認できます。

教育履歴

2

更新時確認ドリルを完了する

MR学習ポータルにログイン、「ドリル」に更新が可能な方のみドリルが表示されています。
実施できる期間は、当年度の8月1日~1月31日です。
(開始日が土日祝日の場合は、次の平日から)

3

認定証用の写真を登録する

更新時確認ドリルを終了すると、MR学習ポータルの「マイページ」で写真の登録が可能になります。
登録できる期間は、当年度の8月1日~3月31日です。
(開始日が土日祝日の場合は、次の平日から)

注意:期間内に写真の登録を終えない場合は、再度、特例措置の対象となり、改めて更新時確認ドリルを完了する必要があります。ただし、有効期限から4年を超える方は、翌年度に特例措置は適用されません。

写真は、ビジネスに相応しいものを選びます。詳しくは、企業の管理者にお問い合わせください。

4

企業の管理者による写真の確認

適切な写真かどうかを確認します。相応しくない場合は、管理者から差し戻されることがあります。

5

企業の管理者による更新申請

更新申請を行った翌月末に企業の教育研修担当者に届きます。
更新後の認定証の有効期限は、更新前の認定証の有効期限から5年です。
認定証が届かない場合は、企業の担当者にお問い合わせください。